モヤモヤ筑波山

梅雨の真っ只中だから仕方がないんだけど・・・ここんとこずっと日曜日がいいお天気に恵まれません。。

リストアップしてるお山がいっぱいあるんだけど

こんな天気じゃぁどこへ行ってもねぇ

それと日曜日は高速1000円割引最終日だったこともあったから、ちょっと足を伸ばして茨城県へ。

お天気が心配だったけど、途中でお天気が崩れても、ケーブルやロープウェイで下りてこれるから

いいかもしんないなぁ~と思って筑波山を歩いてみることにしました。



まずは筑波山神社で今日のハイキングの無事をお祈りして出発です!

本当は男体山頂直通の御幸ヶ原コースを歩いてみたかったんだけど、震災以来不通になってて残念

今回は迎場コースから女体山頂を目指すことにしてみました。

お天気はどうかな~?朝早すぎて今後どうなるのか検討も付かないわ(^_^;)



雨こそ降ってないけど、雨上がりで地面がグチョグチョで、辺りがもやもやしてて湿気が多く

汗が気化してくれないから暑い暑い。。。

最初は裾野を横になだらかに歩く感じで楽チンでした。

筑波山神社から1時間程度歩いて、ロープウェイ駅があるつつじヶ丘に着きました。



神聖なお山に不釣合いなゴテゴテ派手な色の施設。なんだろ?ここ。ミニ遊園地みたいな感じ?

なんかあんまりにも残念な感じだったからここはさっさと通り越します。

やっとこの辺りから少し急登りになって山登りらしくなってきました。



上がっていくにつれて、モヤモヤがどんどん濃くなってきた

雨は無いけど、汗と湿気で髪の毛ビチョビチョ。空もいつもより元気がないかな~(^^ゞ

こんなジメジメ状態だから、山道にはヒルが出てきたよ~!怖~~い!

ここは立ち止まるの厳禁!休憩も入れずにズンズン進むことにしました。



その後は筑波山名物、大岩、奇岩のオンパレード!

写真もいっぱい撮ったけど、いっぱいありすぎて紹介しきれないです^^



ゴロゴロの大岩の道も空は頑張って歩き続けましたよ~

なかなかシンドイ道なんだけど、面白さが勝ってそれほど疲れは感じません。

一箇所だけきれいなユリが・・・

こちらのルート、岩場ばかりでお花なんてあまり咲いてないんだけど、

このユリは誰かが植えたものなのかな?

あたりの景色がもやもやで墨絵のようだったから、鮮やかなオレンジが目をひきました^^



スタートから約3時間、やっと女体山(877m)頂へ着きました!

展望は360度、大きな裾野と関東平野を見渡せて

良いお天気だったら霞ヶ浦まで見えるって聞いていたけど、360度すべてがモヤモヤでした。。。

ホントに一面真っ白で何にも見えないの(笑)

最初からお天気が悪いの分かってたけど、やっぱりものすごく残念



次に向うは男体山頂ですが、山頂手前のケーブルカー乗り場に着くころには

モヤモヤがさらに濃くなって、あれまぁ~真正面にあるはずの男体山が見えません・・・

ここが男体山(871m)頂

せっかく辛い思いして上がってきても、下の景色が何にも見えないってかなりつまらないですよね・・・

ちっとも達成感が湧き上がりません・・・

山頂を踏んでもイマイチ気分が盛り上がらないし、

展望台が数箇所ある自然研究路を一周してみても景色を見渡せることは一度もありませんでした。



願い事が叶うって伝説の『大石重ね』

ほとんどのお願いは『結婚できますように』って書かれていました。

女体山と男体山だから、縁結び的なご利益があるんでしょうか?

結婚しない人って最近は増えてるけど、

みんな本音では結婚したいって思ってる人が多いのかもしれないですね~^^

自然研究路を一周したあとに、上の写真↑(8枚目)と同じ位置から撮った男体山↓



だいぶ霧が晴れてきてやっと姿を現してくれました~

ケーブルカーも動き始めたみたいでたくさんの人が続々と上がってきます!

そしてね、面白いな~って思ったのが、

下から頑張って歩いてきた人の装備よりも

ケーブルカーで上がって来た人の装備の方が本格的で最新なの。

靴もなんか凄い高そうなのみんな履いてるんだわ

ケーブルカー乗り場でワンコ用ケージを借りて下りる予定でいた私たちだったけど

お天気も持ちそうだったし、体力的にもなんとか大丈夫そうだったので

結局白雲橋コースを歩いて下りることにしたのです。

だけど・・・下りるコース間違えたわ~

かなり急な道で岩はゴロゴロで、ぬかるんだ道をヒィコラと泣きながら下りました(^^ゞ

駐車場に戻る頃には足がガクガクしてきちゃった。

上りは急でもいいけど、下りがきついと足に来る

次の日、この前の武甲山以来の筋肉痛が起こりました



帰りの車の中から撮影したこの日の筑波山。

モヤモヤばかりで姿を拝めないと思ってたけど、少し晴れてきてくれたおかげで

最後に全姿を見ることができて良かったわ~

でもまだ山頂付近は雲にかかってしまってますね~

後で聞いた話だけど、筑波山って周りが平地だから、

晴れて気温が高くなるとすぐに雲が被ってしまうそうですね。

大展望の女体山頂も360度の景色になるのあまりないそうで、見れたらラッキーなんだって☆

今度機会があったら、また晴れた日に歩きにきたいな~

コメントの投稿

非公開コメント

No title

筑波山行ってきたんですね
うちも次行くのはここと決めてたんですがお天気の悪さ、
パパさんがお仕事でまだ実現できてないんですよ…
でも、なんか良いですね
岩場ごろごろとかあったりして
でもケーブルで登ってくる人の方が装備が凄いって
笑っちゃいますね
でも、結構そうかもしれないですよね
くだりはそのコースじゃない所を降りよう
でも、やっぱりまだ地震の影響で通れないコースがあるんですか??
まだまだなおらないのかな??
高速1000円も終わっちゃって残念ですね…
もう少し続けてくれればよかったのにな~
今回、空君とパパさんおそろいみたいに赤いTシャツですね
次のお休みは晴れるといいな~

No title

こんにちは~
筑波山に行って来たんですねぇ(^^)ノ
まだ地震の影響で通れないコ-スがあるんですねっ。
そうですかぁ~
我が家は、あの震災の後の13日に筑波
梅祭りに行く予定だったんだよね~
まさか あんな大きな地震が来るなんて夢にも思わなかったですよね。

筑波山って 岩ゴツゴツなんですねぇ~
ちょっと生憎のお天気で残念でしたねっ。
晴れていればスカイツリ-も眺められたのにねぇ~
でも なんでケ-ブルカ-組の方が重装備なんでしょ?
階段を登るぐらいだよねぇ(・・?
ちなみに 我が家は毎度ケ-ブルカ-組です(笑)

No title

ほんとモヤモヤでしたね~
でもこの時期はしょうがないのかもしれませんね~
筑波山 我家も行ってみたいと思っているお山です。
でも結構岩がゴツゴツしてますね。
空ちゃんとパパさん 赤いお洋服おそろいですね♪
あっ!ヒルだーーーー!!!
怖~い
下りがキツイと足がガクガクになりますよね。
ヒマさんが泣きながら下りたってことは
そうとうでしょうね~

No title

うわぁー、今回もハードなコースですねぇ。
写真はとっても涼しそうだけど、山の上の方ってやっぱり涼しいんでしょうか?
ヒルって初めて見ました!血ぃ吸ぅたろかのやつですよね。
空くんのあんよについてなくてよかったですね。
うちだったらきっと、行きも帰りもケーブルカーだろうな。(笑)

No title

霧の中のハイキング

幻想的でとっても神秘的ですねー。



でも、ヒルはいややん。
キャー!!

No title

せっかくのお休みの日がお天気がいまいちだと残念ですね。
空くん一家は山登りするから、余計そう感じますよね。
やっぱり雲がないスッキリ晴れた頂上から、景色を眺めた方がいいですし。
一枚目の空くんのお水をガブガブ飲んでる写真、カワイイ!!
「今から、山登り頑張るぞ~、俺はやってやるぜ~!!」って気合いが感じられます(笑)
ゴロゴロ岩山も何のそのって感じかもしれないけど、ヒルは怖いですね。。。
写真だけでも背筋がゾワゾワします。

No title

週末 お天気いまいちが多いですよねぇ(;へ;)
モヤモヤ筑波山 うちはモヤモヤ軽井沢でした・・・
山頂についても 下が真っ白って本当残念ですよねぇ
筑波山 たぶん小学校の遠足で行ったかなぁ
学生時代は足立区に住んでいたので 常磐腺で筑波山に行った記憶が・・
登山はしてないですよ~(笑)
ヒルですかぁ こわっ!!
蛇見ただけで わたしなんて飛び上がって逃げてたもん
それまで疲れてても そんな時はパワーアップしちゃうんだなぁ(^^;)

No title

良さそうなところなのにモヤモヤで残念・・・
梅雨だからしょぉがないけどお休みの日は
晴れて欲しいですよね。

ヒル、気持ち悪いですね。
何かテカテカしてる彡(-_-;)彡
空くん、ヒルが出たらヒマさんを
守るんやで~(笑)

No title

お天気が残念でしたねー。
でもヒルの出る中よく登りました!
大岩奇岩がおもしろそ~。
結婚したい人が結構登ってるのかなぁ。w
ケーブルから降りてくる人のほうが装備が最新っておもしろい!
トレッキングをファッションとして楽しむ人が増えてるんでしょうか。

早く梅雨あけないかしらー。
プロフィール

向日葵

Author:向日葵
白い雑種犬「空」の飼い主。
HNは『向日葵』ですけど気軽に「ヒマ」って呼んでくださいね!
空との毎日のお散歩が唯一の楽しみ。
2013年1月以前の日記は旧ブログ『ヒマのほのぼの日記』を見てね☆

ヒマ(向日葵)にメール







カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキング


最新トラックバック
QRコード
QR
リンク
訪問人数
植林活動